|トップページ最新入荷情報スタッフブログフィールドスタッフギャラリーメバル!|
グラシーズ白島

グラシーズ白島

レジャーフィッシング6月号
2007年05月07日(月)

109

二刀流で2倍楽しむメバルゲーム

4月17日(火)大潮 音戸の瀬戸周辺

数日前からのグズついた天気も回復し、そろそろ「メバル釣り禁断症状(?)」を治療するために仕事をサクっと終わらせる。

そして私と同じ症状で悩んでいた(?)梶本氏に連絡。開口一番、「音戸でリハビリしませんか?」って意味不明?(笑)、
そんなこんなで今回も「旬のお手軽ターゲット」であるメバルを捕獲するのだ。

今回選んだポイントは島嶼部・激流海域。これには大きな理由が・・・、前日までの雨で広島市内近郊ポイントはゴミだらけで釣りに
ならないことが多い。しかし大きな河川のない島嶼部は比較的影響を受け難い。禁断症状を効率良く治療するにはポイント選定にも
シビアにならないとダメなのである。

気心の知れた仲間と過ごす時間は心地良く、「あっ!」とゆー間に現地到着。海峡ポイント+大潮ということもありゴウゴウと潮の
流れが勢い良く渦巻いている。この状況を見てアホ2人は・・・、「ここは川ですかー?」とダブルボケをかます余裕?をみせるが
内心、「どーすりゃーえーんじゃ?」状態である。まあ、そこは百戦錬磨のヘンタイアングラー。いつものメバルタックルにプラスして
遠投用タックルの二刀流で挑むのだ!

まずはいつものように2ポンドフロロラインに0.9gジグヘッド+ビームスティック1.5インチ・クリアグリッターを潮のヨレに
キャスト!着水したらサミングしてラインスラッグを取りカウントダウン、20カウントほどしてからスローリトリーブしながら時折、
かるーくトゥイッチを入れてフォール。道路端の街灯に照らされたラインが微かに変化する!体が勝手に合わせを入れる!すると、
バシャバシャと水面を割って出てきたのはお子チャマサイズのメバル。ワームを丸呑みしていたので「活性メチャ高いですよー。」と
少し離れたところでキャストする梶本氏に報告。って、もう良いサイズ捕獲してるし!(爆)まったく抜け目のないアングラーである。

しばらくしてアタるがリリースサイズのみという状況に・・・。こんな時はポイント移動であるが、今回のテーマは海峡ポイント・・・。
大移動はダメなのである。ここは近辺の小規模な変化のある小場所に照準を合わせるのだ!
粘る梶本氏を置き去りにして数十メートル離れた小場所へ足を運ぶ・・・。よーく見るとここは本流の反転流が流れ込み、ゆーるく
いい感じにヨレているではないか!さらに目を凝らして見ると結構な数のメバルが群れをなして潮上にアタマを向けて「な・に・か」を
捕食している!これはもうメバルを鍋に入れたも同然。潮上にアップキャストしてルアーをドリフトして送り込んでやると、コツン!
という明確なアタリが伝わり、合わせをいれると良型メバルが現れた!同じパターンで連発し、ふと我に還った瞬間に・・・梶本氏に
業務連絡(笑)。「良い群れが入ってます、連発です!」。3秒後(嘘)に梶本氏到着!そしてしばし爆釣モードに突入。

しばらくしてやや、潮位が低くなると潮のヨレが岸から遠くなる・・・。こ・こ・で!遠投タックルの出番である。今回使用した飛ばし
浮きは、キザクラさんの「ROCKER」。ちょい沖のヨレに着いて浮いているメバル用に遅潜(カウント17で1メートルのフォール)を
チョイス!さすがにフカセ用の浮きメーカーさん製だけあって流れに同調してナチュラルなフォール(ほぼサスペンド)中通しなので
アタリもダイレクトに伝わり感度良好である!ワンキャストワンメバルの大騒ぎである!

私の遠投リグ爆釣の横で、何やら足元の敷石が気になる梶本氏。4ポンドラインでネチネチと際を攻めている・・・。前世が根魚である
(笑)彼は、いかなる時も魚目線。こういうときの梶本氏は必ず何かしでかすのだ。っと、次の瞬間、歴史が動いた!(爆)

「なんやーこれ?デカイ!!!」梶本氏の声が漆黒の闇夜に響く!慌てて近寄るとロッドがバットからヒン曲がっているではないか!?
尋常でない魚であることは容易に察知できる、が、しかしラインはナイロン4ポンド・ロッドはメバルロッド。ムリはできない・・・。
一度潜られはしたがなんとか引きずり出しモンスターを浮かせることができた!!!バシャバシャと水面を割って出てきたのは、ムラソイ
である!それも体高と厚みがハンパではない、ピーンと張った胸鰭はさながらウチワのようだ!
一度潜られたのでおそらくラインは傷だらけ、そのまま容易に抜き上げは禁物。堤防の階段を下りてハンドランディングを試みる梶本氏。
そ・し・て、無事捕獲!なんと口閉じ27・5センチのビッグワンであった!子供おじさん2人して満面の笑み!私も自分が釣り上げたかの
ようにハイテンション!これだから釣りは面白いのである!

画像は27・5センチのムラソイ。注目して頂きたいのはジグヘッドである。カツイチさんのデコイ・ロケットヘッド1.8gの8番フックである。おそらく山陰尺メバル・根魚対象でこんな細軸使うアングラーは皆無であろう・・・。
超ヒントですよ。太軸を使って尺未満のメバルにテコの原理で伸ばされてる諸君。