|トップページ最新入荷情報スタッフブログフィールドスタッフギャラリーメバル!|
グラシーズ白島
グラシーズ白島

pro 

pro-tsujimoto ■辻本ナツ雄さん ペンネ-ム:pockin

瀬戸内を中心にライトなSWルア-ゲ-ムのスタイルにこだわり、ライトリガ-と言う新しいルア-フィッシングのジャンルを現在開拓中。

自ら産みだした「メバキャロ」(メバルキャロライナ-システム)はおかげさまで、皆様に愛され一人歩きをしはじめました。
昨今はライトリガ-ジャンルにおける新たなアイテム開発を各メ-カ-様方や釣場の皆様のご意見をお聞きしながら
日夜邁進しております。「良い釣場」で「よい釣りを!」これが私の求める永遠のテ-マです。

グラシ-ズ白島/フィ-ルドアドバイザ-・オフト/契約アングラ-・バリバス/フィ-ルドテスタ-・ボナンザ/
テクニカルアドバイザ-・ヤマシタ/サポ-トアングラ-・・・。

メバ!デイゲ-ムの必須アイテムは「偏光レンズ」。ウイ-ドの切れ目を探す!
フォバ-リングメバルをサイトする!。トレ-スラインのリグ目視する!
いずれも「水中」がキ-ワ-ド。水中を見通してこそ釣果への近道。


pro-iwata ■岩田節男さん

グラシーズ白島/フィールドアドバイザー
マルキュー/フィールドテスター
バリバス/インストラクター
日刊スポーツ/FPC
全日本磯釣連盟/四国支部


proleon ■加来匠さん ペンネーム:レオン

1949年
福岡県生まれ、広島市在住。

1968年
「全日本サーフ」加入。

1979年
日本初(最古・大正初期)の釣りクラブと謳われた「瀬戸内研釣会」後の「広島竿釣りクラブ」(昭和中期設立)に移籍、 約10年間同会会長である「木原名人」に直接師事を受ける。

1981年
同会在籍中に、著者の職場であった「瀬戸内文化出版」にて「中国地方の釣り場200選・名人20人が足で書いた本」を編纂プロデュース。 三版まで重ね、ポイント集のバイブル的存在となる。

1995年
ボートキャスティングクラブ「クラブマイディア」を創設。広島湾に於けるエレクトリックモーターを使用した、シーバス、メバルのボートキャスティングの草創期を築き、現在、同会主幹及び「マイディア号」のキャプテンを務める。

2002年
同年10月に開設された、メバリングのホームページ「めばるing」
http://ww5.enjoy.ne.jp/~fantic/の技術監修者として活躍中。

グラシーズ白島フィールドアドバイザー
ブリーデンテスター


proyamamoto ■山本博勝さん ペンネーム:じょーじ山本

プロフィール

浅い場所では昼間は夜ほど簡単に釣れないと思われていたメバル。その常識を覆したフィギュアエイトアクションの提唱者。
アイスジグを使ったお手軽簡単な堤防五目釣りをメインに、豊饒の海宇和海で三種のシーバス、青物からメバル、マアジ、カマス、
タチウオ、アオリイカといった食べて美味しい魚を追いかけ回す毎日。
魚のことを知るために、釣った魚を泳がせている巨大水槽に一緒に潜ってビデオ撮影してしまうほどのしつこさと、
釣れないとすぐにその場から立ち去るあきらめの早さも持ち合わせるマルチアングラー&研究者。

モニターレポート
夜行性の魚は明るい時間帯は物陰に隠れていても、食い気がないわけではないのです。ただし、夜のようなスローな誘いでは効果が
薄いことも事実。ところが、水中で高速に逃げまどう小魚やエビの姿を演出できるアイスジグでF8アクションを演じてみるとあら不思議。
メバルが群れで真っ昼間に海面まで浮き上がってルアーに襲いかかるではないですか。それならば見ながら釣る喜びを存分に楽しみたい。

ところが、その楽しみをジャマしてくれるのが海面で乱反射するギングラギンの太陽光線でした。
「このギラツキをどうにかしたい」 そう考えていたところ「釣りのスタイルや日照条件、フィールド状況」によって使い分けられるTALEXレンズの存在を知ったのです。

その後は、物陰からすっ飛んでくるメバルが丸見え。さらに、バイトの瞬間をビデオ撮影している私にとってはビデオ映像さえも偏光レンズで対処できることが分かったおかげでHP配信中の様々なシーンがクリア撮影できるようになったのです。

現在、撮影は順調に進んでいます。g-sight装着の私の目で発見したメバルを各種レンズで武装したビデオカメラがしっかりとアタックの瞬間を捕らえ続けています。写真や文章だけではイマイチ実感がわかずに購入を躊躇されているとしたら、ぜひ動画でその威力、 効果をご確認下さい。見えるアドバンテージを武器にして明るい時間帯の釣りをよりアグレッシブに!。水中から得られる様々な情報を見逃さない手はないですよ。

グラシーズ白島フィールドアドバイザー
ラパラジャパンアドバイザリースタッフ

山本氏ホームページ・ブログ

http://www7.ocn.ne.jp/~hookset7/
http://letsfigure8action.naturum.ne.jp/


rock ■梶本林宏さん ペンネーム:ROCK

1972年 大阪生まれ 広島市在住。

バス、トラウトをはじめスネークヘッドやナマズとあらゆるゲームフィッシングを嗜んだのち、2002年には海のゲームフィッシングの世界へ本格的に踏み出す。

瀬戸内のカサゴ、メバルなどのロックフィッシュゲームを皮切りに、日本海のメガメバルハンティングに魅せられ、ペンネームの由来となる。

基本的にライトゲームが主流だがショア/オフショアに限らずルアーゲームをこよなく愛するアングラーであり、グラシーズ白島のマスターである三宅氏と「アジング」という新しいルアーゲームを広島から当時の釣り雑誌「バッシュ!」を通して世に送り出し、現在のアジングゲームの創始者となる。

独学による考古学や地質学、岩石や鉱脈における陸生及び水生植物の群生やそれに影響するミネラルの要素など、他のアングラーとは違う知識と視点でポイントを推理する技を持つ。

ブログ:WaterSide Meeting を監修。
http://blog.livedoor.jp/keepno10-treasureworld/

ネットショップ:TREASURE WORLD を経営。
http://www.rakuten.co.jp/treasureworld/

グラシーズ白島/フィールドアドバイザー
ヤマガブランクス/フィールドテスター
SUBROC(東邦産業)/フィールドスタッフ
ボナンザ/テクニカルアドバイザー
ジャクソン/フィールドテスター